ゴルフ業界から無駄な残業をカットする勤怠管理システム

ゴルフ業界の今後に役立つ勤怠管理システムとは

ゴルフ業界の今後に役立つ勤怠管理システムとは

不振の日本ゴルフ業界

ゴルフ業界の今後に役立つ勤怠管理システムとは

日本のゴルフ業界市場は2010年には前年比3.2%減の1兆4680億円であった。団塊の世代のゴルファーが定年退職したことや、宮里藍、石川遼といったスター選手への注目により、回復の兆しを見せたゴルフ市場だったが、不況から抜け出せない経済情勢のあおりを受け再び低迷傾向にある。

そして、東日本大震災により、2011年は更なる衰退が予想される。業界団体であるゴルフ市場活性化委員会は、2011年のゴルフ用品販売は15.9%、ゴルフ場入場者数は5.6%、練習場入場者数は12.3%低下する見通しを発表した。

現在のゴルフ業界

日本のゴルフ業界は経済の停滞と東日本大震災によって衰退を余儀なくされている。SRIスポーツが2011年末に発表する「ゼクシオ」の新モデルで持ち直せるか注目である。海外では、韓国のフィラと投資会社が世界1位のアメリカのアクシネットを買収した。これによってアジアの市場の影響力が強まるであろう。

今後のゴルフ業界を見据えた業務内容の整理に勤怠管理システム

日本の高度成長期を支えた団塊世代の定年によりゴルフ人口が増えたことによって好調の兆しを見せていたゴルフ業界だが、今度はその団塊世代の高齢化によりゴルフ人口が激減するだろうという予測に不安の兆しが見えてきている。

目に見えるところでは国内ゴルフ業界の2強、アコーディアとPGMによる価格競争の激化など、すでに兆しは現実のものとして現れてきている。この未来予想図に対応するため、各社ともに業務内容の見直しが急ピッチで行われており、勤怠管理ソリューション導入によるコストの削減を始めたところも少なくない。

これまで多大な労力とコストがかかっていたスタッフのシフト管理や給与計算を一本化することで不要な消費を防ぎ、さらに効率化した分で足りないところを補おうという計画だ。

ページの先頭へ

© ゴルフ業界の今後に役立つ勤怠管理システムとは・All Rights Reserved